白くキレイな歯を手に入れたい!
笑顔に自信を持ちたい!

近年、世の中の歯への美意識の高さは急上昇中です。
歯をきれいにするための一番わかりやすい方法と言えばやはり…

クリニックでの歯のホワイトニングです!

しかし、ここで注意が必要です。
誰でも全ての人が歯のホワイトニングの施術を受けられるわけではありません…

特に注意が必要なのが、アトピー性皮膚炎を持っていらっしゃる方です。

アトピー持ちはホワイトニング禁止?その理由とは…

クリニックで行うホワイトニングには、過酸化水素・過酸化尿素などの比較的強い薬剤を用いての施術となります。

もちろん口内に入り込んでしまったり、誤飲がないように配慮はしてくれると思いますが
身体の中でも特にデリケートな粘膜部分ですので、何かあってからでは遅いです。

もし、どうしてもやってみたい、という場合は、最初にカウンセリングが行われるので
その際に、必ずアトピーを持っていることを伝えた上で、相談するようにしましょう。

アトピーでも出来る!歯の汚れ対策3選

クリニックでの歯のホワイトニングの場合、「歯を漂白」するため、強力な薬剤が必要となります。
しかし、「歯の汚れ」を取るだけであれば、わざわざ歯科医に行かなくとも、自身で行うことも可能です。
「歯の汚れ」を落とすだけでも、見た目の印象は大きく異なります。

ここでは、「歯の漂白=ホワイトニング」ではない方法をいくつか紹介したいと思います。

歯科医に行って、クリーニングを行う

クリーニングとは、歯の表面に付いた汚れ(ステイン・着色汚れ)を除去する施術のことを言います。
広義の意味で言えば、ホワイトニングとも言えます。

ホワイトニングと違い、保険適用な治療もあるので金額も大きな負担はありません。
併せて、歯石の除去や歯のメンテナンスをお願いすることで、口内の環境を整えることも出来ます。

デメリットがあるとすれば、通院の必要があることくらいでしょうか?

歯のクリーニングに関しての詳細はこちら!

天然成分のステインクリア歯磨きを使う

市販の歯磨き粉の多くは界面活性剤などの薬品が含まれております。
薬剤に過敏な方の中には、界面活性剤が苦手な方もいらっしゃることでしょう。

ステインクリアを謳う商品には、研磨剤が含まれていることがほとんどです。
研磨剤は歯の表面の汚れを取るには取りますが、同時に歯の表面を傷つけてしまう可能性があり、その細かい傷に汚れが吸着すると、余計に歯が汚くなってしまう場合があります。

これらを考えると、界面活性剤・研磨剤不使用の歯磨き粉を使用するのがベストだと言えます。
その観点で言えば、「プレミアムブラントゥース」は非常におすすめです。

天然由来成分で体に優しく、研磨材も不使用です。
自然由来の成分で、歯や体に負担をかけることなく、歯の汚れを浮かして除去することが出来ますので、おすすめです!

プレミアムブラントゥースの口コミ・効果を確認するならこちら!

電動歯ブラシを使う

電動歯ブラシを使って、着色汚れを落とすのも歯のホワイトニングには効果的です。
製品によっては、1週間ほどでステインクリアが出来る、というものもあります。

価格帯も様々なものがありますが、特におすすめなのがこれです。
PHILLIPS ソニッケアーフレックスケアープラチナ

価格はおよそ26,000円と非常に高価ですが、「ホワイトモード」という機能を搭載しています。
これにより、1週間程度でステインクリア出来てしまいます。

ソニッケアーはステインクリアの電動歯ブラシの中でも、最高位に性能と値段です。
他にもブラウンやパナソニックなど有名な会社がこぞって電動歯ブラシを開発しているので、見てみてもいいかもしれません。

まとめ

  • アトピーの人は、歯のホワイトニングが出来ない。
  • 理由は、強力な薬剤を使うから。
  • 着色汚れを落とすことは可能。

アトピーだからといって、歯の白さを諦める理由はありません。
歯の漂白をしなくとも、歯の汚れを取ることで、口元の印象は変えられます。
まずは、歯科医に相談に行ったり、自分で出来る着色汚れを落とすところから始めてみてはどうでしょうか?