オーガニックで、ホワイトニングが出来ると話題の成分「パパイン」

果たして、パパインとは、どんな成分なのか?

調査してみました。

パパインって何?

パパインとは、パパイヤに含まれる酵素の一種です。

パパインは、プロテアーゼ(タンパク質分解酵素)の中のシステインプロテアーゼに分類される酵素。植物由来のプロテアーゼとしてはもっとも研究が進んでいるもののひとつである。
パパイア から見つかったことからこの名前がつけられた。熟したパパイアにはパパインはほとんど含まれない。同様の酵素(ブロメライン)が生のパイナップルの果実に豊富に含まれており、肉を柔らかくすることから、酢豚などの料理に用いられるが、缶詰の果実ではこのような効果はない。
一般に、酵素は加熱により活性を失う。キウイフルーツのアクチニジンやイチジクのフィシンも同様な酵素である。
触媒残基はシステインとヒスチジンで、システイン残基のチオール基の硫黄原子がペプチド結合のカルボニル炭素に求核攻撃を行うことから、タンパク質やペプチドの加水分解が始まる。塩基性アミノ酸、グリシン及びロイシンと続くアミノ酸とのペプチド結合を切断する。
パパインは、ロイペプチンなどのペプチド系阻害剤や、システイン残基(チオール基)修飾試薬(水銀化合物など)によって阻害される。

出展:ウィキペディア

なぜ、パパインがホワイトニングに期待できるのか?

歯の黄ばみの原因の一つとして、歯の表面に汚れにあります。

汚れが付着する原因となるのは、紅茶・コーヒーなどのポリフェノールが、唾液に含まれるたんぱく質「ペリクル」と反応してしまうためです。

色素沈着してしまったペリクルは、イオン結合してしまっているため、水に溶けることがなく、なかなか落とすことは難しいのです。

しかし、このパパインはタンパク質を分解する酵素なので、色素沈着してしまったペリクルを分解する作用があります。

このため、パパインはホワイトニング効果が期待できる、というわけですね。

パパインが使用されているホワイトニング歯磨き粉は?

ここではパパインが使用されている歯磨き粉をいくつか紹介したいと思います。

プレミアムブラントゥース

プレミアムブラントゥースの私の口コミはこちら!

はははのは

パパインまとめ

  • パパインとはパパイヤに含まれるタンパク質分解酵素
  • 歯の汚れの原因のタンパク質を分解してくれる
  • パパインを使用したホワイトニング歯磨き粉はかなりレア!