市販のホワイトニング歯磨き粉でも、クリニックでのホワイトニングでも、気になってくるのが、いわゆる差し歯!

本来の歯ではない人口の歯なので、思わぬ副作用があるかもしれません。

気になったので、プレミアムブラントゥースの販売会社・アンビシャスショップ様に実際に、電話でお聞きしてみました!

プレミアムブラントゥースは差し歯に使えるのか?

結果は、「使用して問題ない」との回答を得られました。
また差し歯にはレジンやセラミックなど、様々な素材がありますが、その全てで使っても問題ないとのことです。

差し歯の素材を痛める、劣化を早めるというようなこともないようなので、安心して使えます。

プレミアムブラントゥースは差し歯にも効果が期待できるのか?

結果は、「着色汚れであれば、期待できる」とのことでした。

差し歯にも色々種類があり、特に保険適用内で作れるレジンの場合、経年劣化での変色には、ほぼ期待できない・・・とのことでした。

オールセラミックの場合、そもそも汚れが着色しにくい性質があるため、着色汚れを気にされる必要はほとんど無いかと思います。
ハイブリッドセラミックの場合、レジンが含まれているので、レジンの部分の経年劣化による変色は、こちらも期待できない・・・とのことでした。

プレミアムブラントゥースの差し歯まとめ


素材 着色汚れ 経年劣化による変色
レジン 汚れやすい⇒効果に期待できる 変色あり⇒効果に期待できない
ハイブリッドセラミック 汚れやすい⇒効果に期待できる 変色あり⇒効果に期待できない
オールセラミック 汚れにくい 経年変色しない
ジルコニアクラウン 汚れにくい 経年変色しない
メタルボンド 汚れにくい 経年変色しない

  1. レジン、およびハイブリッドセラミックの着色汚れには効果が期待できる。
  2. 経年劣化による変色には効果が期待できない。
  3. セラミック・メタルボンド・ジルコニアはそもそも汚れが着色しづらい。

特に汚れの着きやすいとされるレジンは、施術後2~3年ほどで劣化、変色が始まるそうです。
もし、2年未満で汚れ・歯の黄ばみが気になるようなら、着色汚れの可能性が高いので、プレミアムブラントゥースを試してみてもいいでしょう。

また、施術後すぐで、他の歯の汚れ・歯の黄ばみが気になるということであれば、差し歯への影響は特にないので、安心してプレミアムブラントゥースを使って大丈夫です!

プレミアムブラントゥースの実際の口コミ体験談はこちら