歯科医・審美歯で行うホワイトニングとは?

微笑んだ口元が白くキレイな方は男性でも女性でも素敵です。白い歯には憧れますが、ホワイトニングって何するの?危険ではないの?と少し疑問に思うこともありますよね。
ホワイトニングを行なってくれる審美歯科は、一般の歯医者と違い「見た目をキレイにする」専門の歯科です。

ホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2つに分けられます。共に使われる薬剤は過酸化水素が主成分です。
オフィスホワイトニングは医院内で行われる方法で過酸化水素の濃度が濃い薬剤を使うため即効性があり1回で実感する方もいます。
一方、ホームホワイトニングは自宅で自分専用のマウスピースに処方された薬剤をつけて行ないます。自分で扱うので薬剤の濃度は低めです。即効性はありませんが、通院しなくても良いのがメリットです。

歯科医で扱われる薬剤は厚生労働省の認可が下りているものです。しかし、個人輸入代行などで入手できるホワイトニング材には注意が必要です。米国ならFDA(米国食品医薬局)の認可を受けているなど、その国の安全基準が満たされているか確認は必ずしましょう。
憧れの白い歯。専門の知識を持った医師の元でホワイトニングを行えば安全性は高いと言えると思います。

オフィスホワイトニングとは?

歯を白く綺麗な状態にすることができるホワイトニングには、自分で行うホームホワイトニングと歯医者に通院して行うオフィスホワイトニングの2種類の方法があります。
その中でもオフィスホワイトニングは比較的早い段階で効果を実感できるのが特徴です。これは歯の状態や施術方法によって個人差はありますが、比較的多くの人が最初の治療でに見える変化を感じられるとされています。出来上がりの自然さもオフィスホワイトニングならではの特徴です。人によっては薬剤を歯に塗ることで、他の歯に比べて不自然にならないかと心配する人も少なくありません。しかし、技術力の高い施術を行えば、自然の歯のような見た目にも美しい仕上がりにすることができます。持続性も高く長い人は半年以上白い状態を保つことができる点も特徴の一つです。
そのほかにも、施術に掛かる時間や費用の安さもポイントになります。ホワイトニングは通常の虫歯の治療とは違い1度の通院で数十本行うことも可能です。本数が多くても施術に掛かる時間は短く、1時間以内で終わるケースも珍しくありません。このように、仕事や買い物の合間といった日常生活の中で気軽にできるのもオフィスホワイトニングの特徴と言えます。

オフィスホワイトニングの詳しい解説はこちら!

ホームホワイトニングとは?

歯の健康や見た目の清潔感を理由に行うホワイトニングには、歯医者に通院しながら行うやり方と自分で行う2種類の方法があります。
近年ではホワイトニングの需要が高まってきている中で、日本でのホームホワイトニングは海外に比べてまだ一般に普及していないのが現状です。そんなホームホワイトニングにはいくつかのメリットがあります。
まず一つ目が効果の持続性です。人によって個人差はありますが、一般的な歯医者で行うオフィスホワイトニングの持続期間が3ヶ月から半年なのに対して、ホームホワイトニングは半年から1年の持続効果が期待できるとされています。
自分の生活のペースに合わせやすいのもメリットの一つです。オフィスホワイトニングは事前に歯医者に予約をして通院しなければいけないため、仕事をしているなど人によっては定期的な通院が難しいケースも少なくありません。その点、ホームホワイトニングであれば自宅で生活の空き時間を利用して、納得のいく白さになるまで続けることができます。
費用の面でも、マウスピース代といった初期費用以外はさほどお金が掛からないことから、何度も通院するオフィスホワイトニングよりも費用を抑えることが可能です。

⇒ホームホワイトニングの詳しい解説はこちら!

歯科医以外でホワイトニングは出来ない?

施術的な意味合いでのホワイトニング(歯の漂白)は、基本的に日本では専門的な技術・資格を持ち合わせた人しか出来ません。

しかし、歯の汚れを取り、歯本来の白さを取り戻す、という意味合いでのホワイトニングであれば、自宅でご自身の手で行うことは可能です。
近年では、そういった美意識の高まりからか、ホワイトニング歯磨きが市販・通販問わず、多くの種類が発売されています。

値段もドラッグストアで1,000円以下で買えるものから、通販限定で5,000円以上するものまでと非常に幅広く取り扱いがあります。

多種多様なホワイトニング歯磨き粉の中でも特におすすめなのが、「プレミアムブラントゥース」です。

実際に私が使った体験談も記事にしてありますので、よければ参考にしてみてください。

プレミアムブラントゥースの口コミ・体験談はこちら!